メイン画像

ショップのようなたたみ方

洋服のショップに行くと、たくさんの洋服が綺麗にたたんで並べられて整頓されています。自分の家のタンスもそんな風に綺麗に収納することができたら、毎日洋服を選ぶのが楽しくなるでしょう。コツさえつかめば簡単にショップと同じたたみ方で自分の家の洋服をしまうことができます。まず、ショップで行われている襟元の真ん中が上に来る形で洋服のデザインが一目でわかるようなたたみ方のやり方を説明します。最初に洋服を床の上に背中側が上に来るようにして広げます。次に、たたみ終わった時にどれくらいの幅に仕上げたいかを想像して、その幅の分を残して洋服の左右を内側に折りたたみます。そして、裾と水平の状態になっている袖を裾の方向へ折り曲げます。あとは裾と折り曲げた袖を一緒に襟元の方へ折り返してひっくり返せば、ショップで陳列されている状態と同じたたみ方が出来上がります。慣れれば床の上にいちいち洋服を広げなくても、さっとたたむことができるようになります。ショップ店員の人は立ったまま自分の身体を床の代わりにしてこのたたみ方をすることができます。最初慣れるまでは面倒ですが、慣れてしまえば時間をかけずにたたむことができるので、簡単にショップのような綺麗な収納を自分の家で行うことができます。ボトムスの場合は、まず体の前側の部分が内側になるように真ん中で二つにおり、たたみ終わった時に仕上げたい大きさになるように縦にたたんでいきます。こうすることで余分なシワを作らずに、ショップのように綺麗にたたむことができます。洋服が綺麗に収納できていれば、探している一着をすぐに取り出すことができるから無駄な時間を使うことがなくなるという利点があるのみならず、洋服にシワがつきにくくなるので、アイロンをかけなくてもそのままさっと着ることができます。自分の家の収納をショップのようにおしゃれに整頓してみると、今まで着ていた洋服の新しいコーディネートが思い浮かぶこともあります。

見せるおしゃれも必要かも

女性の方は、やはりオシャレが好きでショッピングは欠かせませんよね。ですが、その一方でなかなか捨てられず毎年服や物がどんどん増えてしまい → 続き・・・