メイン画像

部屋もキレイに保つことが

部屋を見渡すと、あちらこちらに洋服が散らかっている…ということがないですか? タンスにしまうのがめんどくさい、または入りきらない…これでは部屋に散らかっているのが当たり前です。 そこで注意したいのが、洋服のたたみ方、収納の仕方についてです。 基本的にタンスの引き出しには洋服をたたんで、立てた状態で収納しましょう。 なぜ立てるのかというと、横にして積み重ねてしまうと下にあるものが見えないからです。たとえ下に隠れたものが分かっていたとしても、取り出す度に上に積み重なっているものが崩れていってしまいます。ポイントとしては、一つ一つの洋服が自立するようにたたむことです。引き出しの高さに合わせて折りたたみ、きちんと厚みを持たせるようにすれば大丈夫です。これなら取り出しても周囲のものが崩れないですみます。 きちんと収納するということは、実は部屋をキレイに保つための基本でもあるのです。 きちんとたたんで収納するということを、洗濯の都度気を付けてみてください。